プロフィール

moyashi-profile5

皆様、初めまして。
当ブログを運営している もやし@moyashi3333)です。

まずは、僕のプロフィールに興味を持っていただいたことにお礼を言わせてください。
ありがとうございます。
ここでは、僕とブログについて少しでも知ってもらえれば嬉しいです。

もやし について

箇条書きでまとめるとこんな感じです↓

  • 名前: もやし(オス)
  • 生年月日: 1992年3月生まれ(26歳)
  • 出身地: 三重県のド田舎
  • 出身大学: 大阪大学法学部
  • 居住地: 名古屋市(2017年時点)
    .
  • 仕事: 大学卒業後、メーカー勤務。社会人4年目。
  • 今: ホワイト企業に就職したものの、違和感を覚え始めて今後の生き方模索中。
    .
  • 社会人になって始めた歯列矯正の影響で、滑舌悪め。
  • 好きなことはファッション、本・漫画を読むこと、美味しいものを食べること。

スポンサーリンク



田舎でのびのびと育った幼少期~小学生時代

三重のド田舎でのんびりと、そして健やかに育ちました。

小学校低学年くらいまでは、知らない人にも「ぼくもやし!あのね、〇×△▽…」と元気に話しかけるような子どもでした。今じゃ全然結びつかない。笑

外で遊び周るには絶好の田舎な環境だったので、中学に上がるまでは毎日のように兄や近所の子と外で遊んでいました。
ドジョウやタニシ、ザリガニとよく戯れていたなあ。

 

小学校の学区は信号が1つしかないような田舎だったので、公立の中学に上がったときは周りのみんなが都会っ子に見えて恐怖でした。

中学も十分な田舎環境だと知るのは後の話です。笑

ちょっとの工夫で「田舎ネタ」を面白くする具体的な2つのアプローチ

毎日が生き生きとしていた中学時代

中学時代の3年間は本当に楽しく、毎日の授業や部活、体育祭や恋愛、友達とのことなど全てが良い思い出です。
ちなみに部活はバレー部でした。

クラスで積極的に発言するようなキャラでした。生徒会もしていたし、いわゆる優等生な生徒だったと思います。

ほんと毎日、生き生きとしていました。
当時もいろんなことに迷っていたと思いますが、自分の軸がしっかり通っていたように思います。

そういえば中学の卒業文集に、「中学3年生の1年間は毎日がキラキラしていた。今後の人生でこの充足感を超える1年はないと思う。」とか書いたような気がします。将来暗いかよ。笑

勉強勉強とうるさかった高校時代

高校は自称進学校の公立のところに進学したのですが、とにかく勉強しろ勉強しろとうるさかった印象が強いです。

僕の両親は「勉強しろ」とかそういうことを言わないし、中学に入ってからは良い意味で放任主義でした。
それもあってか、高校での「勉強しろ」な環境がすぐ嫌になりました。高校1年の夏に高校辞めたいと親に相談するほどに。笑

 

なんとかつまらない高校1年を乗り切った後、高校2・3年は楽しかったですね。
先生たちの人柄も好きになっていきました。

相変わらず「受験生は1日10時間勉強しろ!」とか「夏期講習に行って勉強!」みたいな感じでうるさかったですが、「量より質だろ」と思っていた僕は、塾にも行かずマイペースにやっていました。

この辺りで自分の強みのひとつは「集中力」だと自覚しました。

ちなみに、僕の高校時代最大の後悔を述べるとすれば、彼女とキャッキャウフフな高校生時代を送れなかったこと。これは悔やんでも悔やみきれません(真顔)。

”食い倒れの街”大阪へ!かっこいい人達と過ごした大学時代

志望校であった大阪大学に無事合格し、食い倒れの街大阪へ。

三重の田舎から大阪に出てきたので、ビルを見上げるという田舎者丸出しな感じでしたね。笑

 

大学時代は、友人が立ち上げたファッションサークルに参加していました。
「阪大のダサいイメージを変えられないかな」という思いから始まったサークル。

街行くお洒落さんをスナップさせてもったり古着屋を取材したりした内容を、フリーペーパーにして発刊するというのが主な活動内容でした。

 

また、年に1度の学際での古着屋開催も。

教室の内装を雰囲気ある”古着屋”に変えたこと、ブログを使って商品紹介などのPRを行ったことが功を奏して、3日間で外部の人も含めて多くの人が来店してくれ、数十万円の売上を達成しました。

好きな仲間と一緒に何かを仕掛ける・主催する側の面白さは、この大学祭初の”古着屋”出店の経験で大きく感じたことです。

ブルーな気持ちになりながら就活、そして就職へ

大学生活も終盤。就活の時期がやってきます。

就活は「こんな就活の制度おかしいやろ…」「こんなんで僕のこの先の人生が決まるのか」と不満や違和感を感じつつも、周囲の流れに逆らう勇気が出ませんでした。

大学時代、これといったスキルも身に着けていなかったことから、志望していた企業の面接に落とされる日々が続きます。

学び続ける重要性。「もう勉強しなくていい」と思う怖さ。

 

というより、本当にその会社で働くことを志望しているかと言えば、そうではなかったです。

「せっかく難関大学に入ったし、このまま大企業に入れば安心」という正しいのかもわからない暗黙の了解に従っていただけです。

それでも、僕を必要だと判断し採用してくれた企業がありました。

運良くホワイト企業に就職。でも…

入社することになった会社はメーカーで、いわゆる「ホワイト企業」でした。

残業もほとんどない、給料もそこそこ貰える、福利厚生も整っている、職場の人間関係は良好。

ラッキーだったと思います。

 

でも、次第に仕事に対する”やりがい”を感じられなくなり、モヤモヤするように。

最初の頃は、海外を舞台にした仕事に胸が躍っていたのも事実です。

それがいつしか「生活のため・給料のためにする仕事」、「給料=ストレスの対価」となっていきました。

このままこの会社で働き続けて、僕は幸せと言えるんだろうか。

大阪大学を卒業後「ホワイト企業」に就職した社会人4年目の僕は幸せなのか

 

そんなモヤモヤした気持ちの中、会社による急な異動の人事がありました。

それが決定打となって、今後の自分の生き方・働き方をどうしていくかを強く考えるようになりました。

「会社に人生を左右される」を実感した瞬間|働き方を考えるようになったきっかけ

見えてきた自分が達成したい生き方

生き方・働き方を見直すようになって、生き生きと働く人や、会社に縛られずい生きている人の考え・行動に触れたり、自分の知らない領域に積極的に足を踏み入れるようにしています。

尊敬する母親に聞く「仕事」の話。生き生きと働く身近な女性から得るヒント

自分の見えていた世界の小ささに、驚きを覚える毎日です。

 

そうする中で、ぼんやりと僕が実現したい生き方の軸のようなものが見えてきました。

それは、「毎日を心からワクワク過ごす」というもの。

そのために、次の2つを行動指針として考えています。

  • 好きな人と、好きな場所で、好きなことをして生きる。
  • 社会の変化を楽しみながら行動に移す。

まだ会社を辞めるという決断はしていません。

会社員を続けるにせよ辞めるにせよ、自分の心のあり様に従って決めて行動していきます。
「わがままに、自分の心に正直に」が2018年のマイテーマです。

その他 特徴・興味・関心

裏側からの歯列矯正をしています

大人になってから始めた歯列矯正を継続中であるため、滑舌が悪いです。

元々悪かったのではという声が聞こえてきそうですが、今となっては矯正器具が外れるまで真実はわかりません。どうかそっとしておいてください。

また、矯正器具に食べ物が挟まってしまい、見る者に不快感を与える恐れがあります。どうか優しく教えてください。もしくは、菩薩の心で見過ごしてください。

僕が大人になってから100万円をかけて歯列矯正を始めた唯一の理由

インドア寄り、マイペースな性格です

アウトドアよりインドア、大人数より少人数を好む性格です。

割とマイペースなので、誰かに行動を制限されるのはあまり好きではありません。

好きなことはファッション、おいしいご飯を食べること、本や漫画を読むこと。

当ブログ”もやしっ子 世に憚る” について

ご推察の通り、”憎まれっ子世にはばかる”をもじったブログ名です。

もやしっ子みたいな貧相・貧弱な人間だって、幅を利かせたっていいじゃないか!という意志は込められていません。
(大変不名誉ではありますが、)僕のあだ名のひとつに”もやし”があり、そこから思いついたものです。

ブログのテーマについて

このブログは個人である もやし が運営する個人メディアです。

興味のあるモノ・コトを切り取って、有益な情報を発信できればと考えています。

主なテーマは以下の通りです。

  • キャリア
  • 投資・資産運用
  • ライフスタイル
  • 本・漫画
  • IT・テクノロジー

また、次のようなテーマも扱います。

  • ファッション
  • 名古屋
  • おいしいもの

 

読者の皆様に、価値ある情報を伝えられるよう精進します!

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

何かありましたら、Twitter「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。