特典航空券にANAマイルが不足!1日500マイルずつ得た簡単な方法

rakuten.p-ana.mile-03

どうも。もやし(@moyashi3333)です。

 

各航空会社が提供しているマイレージサービス。

飛行機に乗ること等によって貯まるマイル(=マイレージサービスのポイント)。
そのマイルを使えば、様々な特典を受けられるのが魅力ですよね!

中でもありがたいのが、マイルと航空券が交換できる「特典航空券」のサービス。

LCC(格安航空)が盛んになってきたと言っても、飛行機代ってなかなかな出費です。
それをマイルだけで手に入れられるんだから、出費の節約にうってつけ。

rakuten.p-ana.mile-04

 

でも、「特典航空券に必要なマイルがあと少し足りない…!」って状況になったことはありませんか。

あとちょっとのマイルさえあれば、特典航空券をゲットして移動費を浮かせられるのに…と。

まさにぼく自身、国内旅行でANAの特典航空券を利用しようと思っていた際、「うわ、800マイルだけ不足してる…」という歯がゆい状況に陥りました。笑

特典航空券をあきらめて、普通にエアチケットを購入するか、、、

そう思っていましたが、すぐにANAマイルをゲットできる方法を発見!そのおかげで無事、特典航空券を利用することができました。

 

今回は、ぼく自身も実践した「ANAマイルを最短1日で500マイルずつ手に入れる簡単な方法」を紹介したいと思います。実際の手順も画像付きで解説。

必要なものは、皆さんも活用しているであろう”楽天ポイント”だけです!

 楽天ポイントはANAマイルと交換できる

楽天市場の商品をポイントで購入できるうれしいサービス、楽天ポイント(楽天スーパーポイント)。
ぼくも楽天カードを積極的に使って上手くポイントを貯めて、活用しています。

そんな便利な楽天ポイント、ANAマイルとの交換もできるんです!

いや~、ぼくこれ知りませんでした。。楽天ポイントすごいな!

交換比率は、楽天ポイント 2P = ANAマイル 1マイル

交換レートは、楽天ポイント:2P に対して ANAマイル:1マイル です。

1:1ではありませんが、楽天ポイントの50%分がANAマイルになると考えると、個人的にはなかなか良いレートなのではという印象です。

交換は1日1回、1,000楽天ポイント(=500ANAマイル)まで!

交換は24時間に1回までとなっています。

また、1回につき交換できるポイント上限は1,000ポイント、つまり500マイル分のみですので注意が必要です。

ちなみに1か月間の上限もあり、20,000ポイント=10,000マイル分となっています。
仮に毎日交換申請を行っていれば、20日間でその月の交換申請はできないことになりますね。

交換までに掛かる期間は約1週間。実際は…

楽天ポイントからANAマイルへの交換を申請してから、実際にANAマイルへ反映されるまでの期間は公式上「約1週間」とされています。

ただぼくの場合、不足していた800マイルを補うために

1日目:楽天ポイント1,000P分を交換申請
2日目:   〃  1,000P分  〃

上記のように申請したところ、どちらの申請分もちょうど24時間後くらいには反映されていました。
タイミングが良かったのか、1週間という期間は幅を持たせた設定なのか。

ただし、公式が約1週間の期間を設けている以上は申請から1週間後の反映と考えて、余裕を持った交換申請をおすすめします。

[楽天PointClub] 楽天スーパーポイントからANAマイルへの交換ルール

ANAマイルから楽天ポイントへの相互交換も可能

ちなみに、楽天ポイントとANAマイルは相互交換が可能です。
つまり、ANAマイルから楽天ポイントへの交換もできるようになっています。

「たまたま飛行機に乗ってANAマイルが貯まったけど、使う予定がないや」という人は、楽天ポイントに交換するのも手かと思います。

ただし、交換比率は「ANAマイル:10,000マイル ⇒ 楽天ポイント:10,000P」のみのようです。
10,000マイルというのはやや多いですし、この制限はちょっとネックですね。

【画像付】楽天ポイントをANAマイルに交換する方法・手順

楽天スーパーポイントをANAマイルに交換するための、申請手続きの手順を解説します。すぐ終わります!

 楽天PointClubの「ポイント交換」ページにアクセス

「楽天PointClub」サイトの「ポイント交換」ページにアクセスします。

[楽天PointClub] ポイント交換ページ

楽天会員としてログインする

ユーザーIDおよびパスワードを入力して、楽天会員としてログインします。

ANAマイルとの交換申請を行う

「ポイント交換」ページにある「相互交換」の中から、ANAマイルとの交換箇所を探して「交換する」をクリック(タップ)。

rakuten.p-ana.mile-01

続いて、必要事項を入力して「確認画面へ」をクリック(タップ)。

  • ANAお客様番号:10桁の数字
  • ANAお客様氏名:半角英数字で入力
  • 交換ポイント数:交換したい楽天ポイント数

rakuten.p-ana.mile-02

最後に入力内容を確認し、「確定する」をクリック(タップ)して交換申請は完了です。簡単ですね。

楽天ポイントを上手く貯めてANAマイルをゲットしよう

楽天ポイントとANAマイルの交換ができる。

そのため、プライベートでよく飛行機を使うという人は、ANAの特典航空券を上手く利用できるように、普段から効率よく楽天ポイントを貯めておくと良いと思います。

 

楽天ポイントの代表的な貯め方としては、楽天市場の利用ですね。

通常、楽天市場での購入分100円で1ポイントが貯まります。

ただし、SPU(スーパーポイントアッププログラム)」を上手く活用することで、もっと効率的に楽天ポイントをゲットすることができます!なんと最大12倍。

いろいろとプログラムがありますが、ぼくが実際に行っているのは

  • 楽天市場アプリを利用して購入:+1倍
  • 楽天カードを利用して購入:+2倍
  • 楽天プレミアムカードを利用:+2倍

の3点。これで通常時より+5倍ポイントになります。

楽天市場アプリを使う

PCサイトではなく楽天市場アプリを利用するだけで、+1倍ですので利用しない手はないです!

この機会にアプリをダウンロードしておきましょう。もちろん無料です。

【楽天市場アプリ】Iphone:App Store / Android:Google Play

無料の楽天カードを使って買い物をする

また、入会費・年会費無料の楽天カードを使って楽天市場でお買い物すれば+2倍です。
結構な人がすでに持っているかと思いますが、無料ですしまだお持ちでない方はぜひ。

楽天プレミアムカードで買い物をする

ぼくは通常の楽天カードではなく、楽天プレミアムカードを使っているのでさらに+2倍

ただし、楽天プレミアムカードは年会費が10,800円かかるため、すべての人におすすめはできません。

それでも楽天プレミアムカードにアップグレードしたのは、「プライオリティパス」という世界各国の空港ラウンジが無料で利用できるカードが特典に含まれているから。

特に出張や旅行などで頻繁に海外に行く人にとって、空港の待ち時間をゆっくり過ごしたい…と思う人は多いのではないでしょうか。
そんな時に、空港のラウンジで優雅に待ち時間を過ごせるのはとてもありがたいんです。

1回のラウンジ利用が$20程度ですので、往復で$40。3回海外に行ってラウンジを利用すれば、年会費の元が取れます。

海外によく行くという方に限って、楽天プレミアムカードはかなりおすすめです!

 

「しまった…。特典航空券を利用したいのに少しだけANAマイルが足りない…。」という時には、今回紹介した楽天ポイントとANAマイルとの交換を上手く活用してみてください!

そして、楽天ポイントを効率よく貯めて、ANA特典航空券を上手く活用できるようにしておきましょう!

[楽天PointClub] ポイント交換ページ

[楽天PointClub] 楽天スーパーポイントからANAマイルへの交換ルール